8月24日:リノベーションのステップ④ -工事-~収納編~

こんにちは、営業の加藤です。

前回に引き続き、弊社のオリジナリティあふれる不動産の再生のプロセスをご紹介したいと思います。
弊社の強みが特に発揮されるポイントでもあるため、数回に分けてご紹介させていただければと思います。

今回は収納編!!必ず見るポイントなのではないでしょうか?

一般的な築古の物件の収納といわれて想像するのは・・・・

押入れのまま2

押入れのままだったり、、

こういうパターン結構あると思います。

そこで!!

弊社の収納造作の数々をご紹介します。

上でご紹介したような押入れだったものを変身するには、

いろいろな方法がございます。

代表的なものの1つにはクローズタイプがあります。

観音CL

観音CL2

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと押入れだった収納には見えませんよね。

つづいて、

ワンルームタイプの収納スペースが限られるお部屋には

オープンタイプの収納もおすめです。

1R収納

圧迫感を与えずに、収納スペースを確保することができるんです。

ご紹介したものの他にもまだまだございますので、次回以降をお楽しみに!