8月28日:リノベーションのステップ⑤ -工事-~床編~

こんにちは、エイムズ営業の加藤です。

ついに、リノベーションのステップ工事編も最後になります。

前回に引き続き、弊社のオリジナリティあふれる不動産の再生のプロセスをご紹介したいと思います。
今までは、キッチンや洗面台など、暮らしのアイテムをご紹介してまいりましたが、
今回は床編! 意外と一番大きな面積を占める、いわばリノベーションの立役者!?なんです

床を変えるだけで、本当に見違えるようになるんですよ!

そんな例をいくつかご紹介させていただければと思います。

一般的に古い物件の床はこんな状態のが多いです。。。。

carpetold

カーペットだったり、、、、

 

flooringold

年季の入ったフローリングだったり、、、

 

tatamiold

畳だったり、、、

 

大体、弊社が依頼をいただいて、調査させていただく物件のほとんどが上記のどれかにはいります。

そこで!!

弊社の無垢床フローリングを使います!

無垢の木をつかうことで、木が持つ本来の素材のよさを感じることができます。

そして、無垢床の強みは使うことでどんどん味が出てくる点もあげられます。

そのような理由から弊社は無垢床にとことんこだわっています!

実際に、無垢床にしてみると・・・

musashinodaiflooring

after

※こちらも以前は畳のお部屋です。

musashinodaiflooringbefore

before

同じ部屋とは思えませんね!

これからまたこの無垢材が10年20年といい味を出していってくれるんですね!!

次回は、工事した会社が入居者を連れてくる!?客付け編 をお送りします。